BUYMA

【自宅版】BUYMA(バイマ)での梱包から発送通知までをスムーズにする方法

BUYMA(バイマ)で商品が売れた後、梱包から発送通知までをスムーズにする方法を解説します。

結論から言います。

配送業者と業務提携をする。

これで、自宅からの商品の発送が劇的に楽になります。

配送業者との業務提携

うちはヤマト運輸さんと提携しています。

自宅から商品を発送するときは、ヤマト運輸さんに電話をして集荷をお願いしています。

配送業者との提携は、別に法人だからできるわけではないのです。

個人事業主だとしても個人だとしても可能です。

業務提携するとこんな良いことがあります

ヤマトさんとの業務提携していると何が良いかというと以下の3つになります。

  1. 伝票を手書きせずに済む。
  2. 簡単に集荷に来てもらえる。
  3. 支払いが月末にまとめて引き落としされる。

伝票を手書きせずに済む

プリンターがあれば手書きで伝票を作る必要がなくなります。

意外と手書きで伝票を作るのは時間と手間がかかるのと、字を間違えると訂正が発生するので、無駄が多いです。

ヤマト運輸が提供しているB2というソフトを使って、専用の用紙に印刷すると便利です。

専用の用紙は、シールになっていて梱包したダンボールに貼るのも容易です。

しかも、ヤマト運輸のドライバーさんに事前に伝えておくと、専用の用紙を持ってきてくれます。

もちろん用紙は無料です。

簡単に集荷に来てもらえる

梱包したダンボールをどのように出荷していましたか?

コンビニやヤマト運輸の営業所に持ち込みでも発送してもらえますが、集荷専用の電話にかけるか、慣れてきたらドライバーさん直通の電話へかけると、指定の場所まで集荷しに来てくれます。

発送しに持ち込むのは大きな荷物や、数が多いととても大変です。

雨天時などは箱が濡れてしまうので、気も遣わないといけません。

しかし、集荷に来てもらえるとこういった悩みが、キレイに解決されます。

支払いが月末にまとめて引き落としされる

発送のためにわざわざ現金を持つ必要がありません。

月末に先月分の発送料金をまとめて銀行から引き落としてもらえます。

もちろんfreeeなどの会計ソフトと連携しておくと、自動的に「荷造運賃」という勘定科目で処理されるので、いちいち記帳する必要もないのでとても便利です。

業務提携の方法

提携の仕方はとっても簡単です。

お近くのヤマト営業所に電話して、提携したい旨を伝えます。

その後、ドライバーさんが申込用紙を持ってきてくれるので、記入して提出するだけです。

伝票を印刷するB2というシステムは、WEB上のシステムなので、特にパソコン側で設定する必要はありません。

強いて言えば、プリンターの設定をするくらいです。

商品発送の流れ

では商品発送するときの流れです。

  1. 受注が来ました
  2. パソコンでB2というシステムを立ち上げて
  3. お客さんの住所情報をコピペします
  4. プリンターでシール付き伝票を印刷します
  5. 商品を梱包して伝票を貼ります
  6. ヤマトさんに電話して集荷に来てもらいます
  7. 集荷後、B2で出力されたPDFから伝票番号をコピペして、バイマ上で発送通知して終了

 

倉庫を借りたり、発送担当さんと提携している方は、自宅から発送する事は少ないかもしれません。

しかし、国内買い付けをした場合ご自身で発送されている方も多いと思います。

 

時間を短縮するためにも是非ヤマトさんに限らず配送業者と業務提携し、伝票を書く時間と、発送しに行く時間を短縮させて、利益を生み出すことに時間を集中させていきましょう。

 

本日は以上になります。

引き続き良い時間をお過ごしくださいませ♪

ABOUT ME
佐藤 由典
奥さん、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。