2019 ドバイ家族旅行

ザ・リッツ・カールトン ドバイ宿泊記 クラブラウンジアクセスへのアップグレード

ドバイのリゾートエリアにある「ザ・リッツ・カールトン ドバイ」に家族で宿泊。マリオット・ゴールド会員でもクラブフロアにしてもらった宿泊レビューです。

今回は、家族4人で、ドバイマリーナにあるザ・リッツ・カールトン ドバイへ3泊4日で宿泊してきました。

ドバイには、

  • ブルジュ・ハリファ(バージュ・カリファ)
  • ドバイモール
  • キッザニア
  • デザートサファリ
  • ブルジュ・アル・アラブ(7つ星ホテル)
  • ドバイフレーム
  • 未来博物館(2019年完成予定)

などなど、世界でも最先端の観光やアクティビティが
挙げればキリがないくらいあります。

2020年には万博を控え、開発にも気合が入っている印象です。

ほぼ日本人はいないですし、標準言語は英語なので、街中で日本語を聞くことはほぼありません。

ヨーロッパでもなく、かと言ってアメリカでもなく、中東の独特の雰囲気があります。

子どもたちを含めて非日常を体験するにはもってこいの都市です。

 

ドバイにはリッツカールトンが2か所あります。

そうなんです。ドバイは、リッツカールトンホテルが2か所あるという唯一の都市なのです。

1つ目が今回宿泊した、ドバイマリーナというリゾートエリアにある

ザ・リッツ・カールトン ドバイ

で、

もうひとつが、どちらかというとビジネスマン向けの

ザ・リッツ・カールトン ドバイ国際金融センター

です。

*ホテルの写真は公式サイトから引用しました。

 

ザ・リッツ・カールトン ドバイへのアクセス

ザ・リッツ・カールトン ドバイへのアクセスは、タクシーが便利です。

ドバイのタクシーは日本に比べて圧倒的に安価ですので、市内の移動はタクシーで良いでしょう。

空港からホテルへのアクセスは約33kmですが、ドバイは交通網が発達しているのでタクシーで30分弱で到着します。

タクシーの料金は、空港からの場合のみ初乗りが25DH(750円)になりますので、

合計で5,000円〜6,000円の間で収まります。

ちなみに、ブルジュ・ハリファやドバイモールがあるダウンタウンエリアから、
ザ・リッツ・カールトン ドバイまではタクシーで1,800円ほどです。

*通常初乗り5DH(150円)

 

タクシー乗車時の注意

ドバイのタクシーは基本的にクレジットカードが使えますが、たまにクレジットカード決済の端末がフリーズしていたりするので、タクシー代の現金は換金して持っておく必要があります。

クレジットカードは、VISAを1枚持っておくと良いでしょう。

ドバイ全般にも言えることですが、アメックスは手数料が高いらしくタクシーやお店から断られることがあります。

ザ・リッツカールトン ドバイの住所

ザ・リッツ・カールトン・ドバイ
The Ritz-Carlton, Dubai 

住所 : P.O Box 26525, Jumeirah Beach Residences 
Dubai, United Arab Emirates 

電話 : +971 4399 4000

ザ・リッツカールトン ドバイ 宿泊体験レビュー

ザ・リッツカールトン ドバイ 宿泊体験レビューです。

超高層ビル群の中に、優雅に低階層で構えているリッツカールトンドバイです。

ペルシャ湾のビーチに面しているので、プライベートビーチも充実しています。

 


スタッフさんも各国人種様々で、ザ・異国でした。

ドバイでもリッツカールトンはリッツカールトン。

さすがのホスピタリティに脱帽です。

とにかく子どもたちに優しい!

子どもたちにもたくさん話しかけてくれたり、

頭をグリっと撫でてくれたりでした(^^)

子どもたちも、グッド!って反応してました^^

子どもらも顔見知りになってくると、

「グッモーニン!」

「ハロー!」

とか挨拶も自分らでするようになっていて、

微笑ましかったです^^

 

日本人は我々の他に1組みかけましたが、

この日本人がほぼ皆無なのがドバイの良いところなんです。

 

とても良い刺激になったのではないでしょうか。

 

子連れリッツカールトン ドバイで添い寝可能なのは何歳まで?

子連れ旅行の場合、結構重要になってくるのが添い寝可能な年齢です。

1部屋につき、12歳未満の子ども2名まで添い寝可能です。

この設定は子連れにとってはとてもありがたいです。

以下、公式サイトからの引用です。

 

1部屋あたりのゲスト数
  • 1 部屋につき大人 2 名および 12 歳未満のお子様 2 名まで。
  • お子様の人数 (12 歳未満あるいは 12 歳以上) が 2 名を超える場合は追加のゲストルームをご予約ください。
  • 大人は最高 3 名様までご宿泊いただけます。なお、3 名様分の宿泊料金をいただきます (折り畳みベッド 1 台分の料金が含まれます)。

 

マリオットボンヴォイ・ゴールド会員で、まさかのクラブフロアへアップグレード!

これは嬉しい誤算でした。

通常ゴールド会員は部屋のアップグレードはされても、クラブフロアまでのアップグレードはされないのです。

なので、チェックインのときにクラブラウンジの利用方法や利用時間の説明をされたときに、思わずクラブラウンジへアクセスしていいのか聞き返してしまいました。

マリオット系列のホテルで、瞬時にゴールド会員になる方法

実は、SPGアメックスを所有するだけでゴールド会員になれます。

SPGアメックスの最もお得な入会方法は「紹介キャンペーン」

当サイトからのご紹介特典

通常の30,000ポイントから6,000ポイントアップの合計36,000スターポイントをプレゼント!

さらにご入会後3か月以内にカード合計10万円以上ご利用で30,000ポイントGET!

★友達紹介お問い合わせフォーム★

https://my157p.com/p/r/jO1Iz9bb

ご希望の方は、上のフォームからご連絡いただきますと、すぐに、
私の方からご紹介URLをメールにてお届けいたします。

もともと予約していたのは、「デラックスルーム, ゲストルーム, バルコニー」というスタンダードなルームでした。

リッツカールトン ドバイのサイトを確認すると、

今回アップグレードにより、「クラブ・デラックスルーム, クラブラウンジ, ゲストルーム」というルームになったようです。

 

なお、事前に、リッツカールトンドバイのスタッフさんとメールでやり取りをしており、

大人2名、子ども2名が宿泊できるか確認をして、了承を得ていました。

リッツカールトンドバイに限らず、部屋によっては、追加料金がかかったり、部屋に4名が宿泊できなかったりしますので、不安がある場合は要事前確認です。

 

低階層で横に長いリッツカールトン ドバイ。

今回のお部屋はチェックインしたフロントと同階にあります。

この絨毯が敷き詰められた厳かな廊下を歩いていきます。

 

普通ならスルーしてしまうライトも、心なしかオブジェに見えます。

 

「353」

ここが用意していただいたお部屋になります。

ラウンジ入室のときや、ビーチに出るときに、部屋番号を着替えるので、

英語ですっと言えるようにしておくとスムーズです。

 

リッツカールトン ドバイの部屋の中

部屋の中に入ります。

写真を撮る前に子どもたちがダッシュで部屋に入って、

ベッドに乗ったりはしゃぎ回っているところを、

なんとか撮影しました。

 

 

リッツカールトン ドバイのアメニティ

リッツカールトン ドバイのアメニティは、リッツカールトン定番のAsprey。

この香りがたまりません。

滞在中、不足した分はもちろん足していただけます。

何分、外はかなり暑いので、飲料水がたくさん準備されていて安心です。

リッツカールトン ドバイのバスルーム

 

※子連れの場合、ホテルのお菓子には注意しなくてはいけません。


リッツカールトン ドバイの部屋に入ったところに、

お菓子やら何やらが置いてあります。




油断した隙に子どもらが、

飴みたいなのと、グミみたいなものの、

パッケージをビリビリ破いていました。

写真の前列両脇にある瓶です。


あ、それ有料。。しかもたぶん高いやつ。。


日本なら数百円くらいですが、

値段を見ると2つ合わせて約5,000円。あわわ。


やっちゃいました。


今度からは、部屋に入ったらまず、

触って良いもの、アカンもののミーティングをすることにします。

勉強代にしては高いな。。笑

 

さて、気を取り直してバルコニーからの景色です。

3月下旬ということもあり、木に葉っぱはなく一見寒そうですが、
気温は30℃〜35℃くらいあり、十分暑いです。

 

ターンダウンサービスもしっかりされていました。

外出して夕方に帰ってくると、ターンダウンサービスがされていました。

チョコレートのお土産も置いてありました。

 

リッツカールトン ドバイのクラブラウンジで満喫

リッツカールトン ドバイのクラブラウンジです。

ひとことで言うと、メチャクチャ良かったです。

特に食べ物の種類が豊富で、子どもたちが食べれるものもたくさんありました。

 

今回の旅行で少し懸念していたのが子どもたちの食べ物。

中東の味に子どもたちが適応できるのか?ということです。

子どもたちがイヤがっても、逃げ場はないので、

中東で揉まれてたくましくなってもらおうという狙いも若干あったのです。

 

しかしながら、リッツカールトン ドバイのラウンジはそんな懸念を払拭させるに十分な品揃え。

野菜からお肉から、定番のライブオムレツからデザートまで、何でも揃っていました。

※リッツカールトン ドバイのみならず、ドバイの飲食店は洗練されており、子どもたちは喜んで何でも食べていました。ドバイのローカル食堂には、今回は行っていないので、モール内のレストランであれば、子どもたちも問題ないと思います。

さてさて、クラブラウンジは宿泊階と同階にあります。

オープンとクローズの時間帯は以下の通りです。

18:30以降は12才以下の子どもは入室できませんのでご注意を。

リッツカールトン ドバイ クラブラウンジの営業時間

朝食:7:00〜11:00

昼食(軽食):12:00〜14:00

アフタヌーンティー:14:30〜16:30

オードブル:17:00〜20:00

チョコレートタイム:20:15〜22:00

扉を開けて部屋番号を伝えて入室します。

いきなりゴージャスな空間に和みます。

リッツカールトン ドバイ、クラブラウンジの食事やドリンクです。豊富です。

ドバイではお寿司が好まれているようで、モール内のレストランでもSUSHIの文字をよく見ました。

クラブラウンジでも頻繁に寿司は出てきます。

寿司は子どもたちもちょこちょこ食べていました。

夕方のクラブラウンジは、ロウソクが出現。

雰囲気があります。

メニューもメインとなるお肉料理がでてきたりしました。

テラス席もあるので、外でいただくこともできます。

テラスにいると、ハトよりちょっと大きめの鳥が喜んでご飯を突っつきに来ます。

そんなことは、もはや気にならないのがドバイ。

ウェルカムバード。

 

リッツカールトン ドバイのプールは子どもたちも楽しめるスライダーあり

子どもとホテルと言えば、次に来るのはプール。

下の子が年長なので、プールのときは付きっきりになります。

大人用のプールにも行ってみたかったのですが、眺めるだけにしておきました。

次回のお楽しみということで。

子ども用のスライダー付きプール

でました。スライダー。

このスライダーで、各国の子どもたちがエンドレスリピートで滑りまくっています。

このときは朝早くて監視員の方は、スタンバっていませんでしたが、

朝9時ころからは常に上下に2人の監視員の方がいて、
ゴーサインを出してから滑れるという手はずになっています。

ですので、子どもがスライダーで滑ってプールダイブするときに、
子どもたち同士がぶつかったりすることはないので安心です。

プールの監視員さんの構図です。

 

幼児用の浅いプール

深さ50cm〜80cmくらいのプールでは、幼児を遊ばせることができます。

下の写真の橋の下もくぐれるので、子どもたちは大喜びです。

遊具もあります。

子どもも遊べる深めの滝プール

こちらの滝があるプールは深めで、深さが120cmくらいあります。

ただし、滝があります。

滝といえば子ども。

子どもを背負って、何度滝に突入したことか。

滝は、結構高さがあるので、打ち付ける水圧も高めで、
子どもたちは大喜びです。

 

実は、滝に裏に水中に沈んだ椅子があります。

ここは将来バーになるのか、それとも単純に日陰を作っているのか謎ですが、

こんな謎な作りもまたドバイ。

自分の固定観念を取っ払ってくれます。

 

大人用のバー付きリラクゼーションプール

大人用のプールはリッツカールトンらしいリラクゼーションなプールです。

水中にイスがあり、バーカウンターになっていて、

プール内にいながらドリンクが楽しめるという訳です。

プールの周囲もリラックススペースが豊富で、

カップルでの利用も多く見られました。

プールサイドには日焼け止めも常備

プールサイドには日焼け止めが常備されていますので、

部屋で日焼け止めを塗ってからプールに行く必要はありません。

 

 

※ドバイでは老若男女誰も体型を気にしていません。

人の目なんか気にせず、その場をエンジョイしています。

こういうところは日本ではない雰囲気でとても良いです。

みなさん、思い思いのスイムウエアでプールを楽しんでいます。

 

リッツカールトン ドバイのプライベートビーチ

リッツカールトン ドバイはプライベートビーチも充実しています。

プライベートビーチだけあって人が少ない。

その割に、スペースが広大なので気持ち的にゆったり過ごせます。

ただ、時期によってはかなり暑いでしょう。

日差しが差し込んできますので、日焼け止めは必須です。

もちろんビーチサイドに日焼け止めは完備されています。

 

ビーチにはハンモックもあります。

ミネラルウォーターやバスタオルも潤沢に用意されていて、

必要なだけ使えます。

 

ビーチからホテルへ戻るときは足に付いた砂が気になりますが、

途中に水で洗い流すところもしっかりありますので安心です。

 

ビーチサイドにはレストランもあります。

ディナーの準備がされていました。

ミニサッカーコートやビーチバレーコートもあります。

特に予約は必要なく、使いたいときに入って使う感じです。

ただ、暑すぎて基本的に誰も使っていません。

夕方は夕方で良い景色です。

ペルシャ湾に沈む夕日がグッドです。

 

リッツカールトン ドバイのフィットネスセンター

リッツカールトン ドバイは、フィットネスジムも充実しています。

僕が立ち寄ったのは子どもが寝た後の深夜。

あまり夜に運動はしないのですが、

あまりにも体を動かしていなかったので運動しに来ました。

ロッカールームはこんなです。

ロッカールームの先に、サウナがあったりバスがあったり。

夜遅かったので貸切状態でした。

 

今回、利用しませんでしたがスパももちろんあります。

すっかり夜です。ジムではトレッドミルで40分ランニング。

運動した後は、サウナとジャグジーでさらに汗を流して部屋に戻りました。

 

SPGアメックスの最もお得な入会方法は「紹介キャンペーン」

当サイトからのご紹介特典

通常の30,000ポイントから6,000ポイントアップ合計36,000スターポイントをプレゼント!

さらにご入会後3か月以内にカード合計10万円以上ご利用で30,000ポイントGET!

 

★友達紹介お問い合わせフォーム★

https://my157p.com/p/r/jO1Iz9bb

ご希望の方は、上のフォームからご連絡いただきますと、すぐに、
私の方からご紹介URLをメールにてお届けいたします。

ABOUT ME
佐藤 由典
奥さん、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。