インターネットビジネス

本当の安定とは、不安定という顔をしている

本当の安定とは、不安定という顔をしているというお話

先に結論から言っております。

一見不安定そうに見える個人ビジネスですが、自分で稼ぐ力があるので、どんな状況でも生きていけるという安定を手に入れることができます。

一時期、フリーエージェントという言葉が流行りましたが、僕はまさにインターネットを活用したフリーエージェント、つまりインターネットフリーエージェントが最高に安定する職業ではないかと考えています。

 

これまでの安定という考え方

日本では古くから終身雇用という名の雇用体制がスタンダードでした。今もそう。

終身雇用というのは、1度会社に入ったら定年退職するおじいちゃんになるまで働き続けるというものです。

 

終身雇用が良いとか悪いとかいう話ではなく、終身雇用が良いと言われている風潮があるということです。

とはいえ、実際、終身雇用というのは、存続し続けるであろう会社であれば、会社が倒産して世界に放り出されるということもないので大変優れた制度である事は確かです。

しかし、そのような大きな以上、幸を永続的に出し続けている会社で働いている人は、日本全体からするとそう多くはありません。

「そう多くはない一部の人たちのことをあたかも当たり前のように考え、多くの人がそこを目指す。」これが正義だと考えられていたのがこれまでの考え方です。

新聞やテレビで発表される平均年収や、今年のボーナスの数字がまさにそれです。

大企業の一部のデータを、あたかも全日本の平均のように発表して、それをまた多くの人が信じ切っていることに原因があります。

実際は、大企業に勤めている人より、中小企業に勤めている人のほうが多いのです。

 

というわけで、その他大勢の人にとって、本当の安定というのは、結局のところ自分で生きていく力なのです。

自分で生きている力をもう少し詳しく解説

自分で生きている力をもう少し詳しくいうと、個人で稼いで収入を得て、生きていく力ということになります。

ではどうやって個人で稼いで収入を得て行っていけばいいのかということを掘り下げてみます。

これまで組織や会社に入ることなくアルバイトも含めて自分で何かを考えてビジネスをしてみたという人はそう多くないと思います。

でもビジネスを始めるのはそんなに難しいことではありません。

 

メルカリで不用品を販売してもフリマビジネスと言えますし、ヤフオクで同じく不用品を販売したとしても不用品販売ビジネスともいえます。

ブログを書いて数十円だとしてもアフィリエイト報酬が入ったのであればそれは立派なブログビジネスです。

インターネットを使うとすぐに自分のビジネスを始められる

というふうに考えると、ビジネス初心者が個人で稼ぐというのは、インターネットを使うと素早くローコストで始めることができるのです。

僕自身がインターネットを使ったアパレルビジネスで、収入を得ることができたという実体験があります。

経験上、ビジネス初心者がまず手をつけるのであれば、ほぼリスクなく始められるインターネットビジネスになります。

インターネットをメインにせずに始めるビジネス

インターネットビジネス以外でぱっと思い浮かぶのは、この2つです。

  • カフェなどの飲食店開業
  • 大手のフランチャイズビジネスに参加

どちらも初期費用として数百万円以上かかりますし、参入する人が多いということは、簡単にできると思われがちですが飲食店経営等はすごく難しく初心者がパッとやって稼いでいけるようになるというものではありません。

最近では、自宅でやるサロンや、カウンセリングも手早く起業できるので流行っています。

何の信頼や実績もない家には、お客さんを集めにくいので、〇〇認定講師みたいな民間資格を取りに行くことになります。

すると民間資格を取るのに100万円前後のお金を払って取りにいくことになります。

自分がやりたいことであれば良いのですが、ただ単にお金を稼ぐという意味では初期費用がかかりすぎるかつ、途中でやめてしまう可能性が高いので僕はお勧めしません。

ヒト・モノ・カネ・情報で利益を上げやすいのはモノ

経営学でよく言われている経営資源が4つあります。

  • 情報

これらを扱って収益を得ようとすると、どれがビジネス初心者にとってとっつきやすいでしょうか。

それは、目に見える「モノ」です。

人を扱うビジネス

人を扱うビジネスというのは、雇用に関連するビジネスです。

人を派遣する会社や、採用に関する会社がこれにあたります。

業界のネットワークも必要ですし、ノウハウや経験が必要なります。

金を扱うビジネス

お金を扱うビジネスというのは、お金でお金を生む投資になります。

FXやバイナリーオプション、株の短期売買もありますが、これらは投資というよりかはギャンブル性が高い投機に当たります。

投機になると生存率が低いビジネスです。

銀行や証券会社も金を扱うビジネスにあたります。

ビジネス初心者が、個人で参入して結果を出し続けることができる確率は非常に低くなります。

情報を扱うビジネス

情報を扱うビジネスというのは、メディアや、広告業界になります。

保険の販売員も該当します。

実際に目に見えないものを人に売るという意味では、難易度が高いです。

アフィリエイトなんかもここに入ってきます。

アフィリエイトを本業にしている人もいますが、業界で成果を出している人の確率は低いの周知の事実です。

物を扱うビジネス

物を扱うのなぜ収益を上げやすいのかというのは、目に見えるからです。

買い手がその物自体が目に見えるのでイメージしやすく、売り手も、相場も大体決まっているのでいくらぐらいで売れるということが明確だからです。

ビジネス初心者が未経験でも物を販売するビジネスで利益を出せるのは、目の前にものがあり、仕入れ値がはっきりしており、大体いくらで売れるという相場がわかるからです。

物を扱うビジネスでビジネス経験を積み、ビジネス経験ができてくる頃には、物を扱うビジネスを本業にして独立することも可能でしょう。

物を扱う物販ビジネスで経験を積んだその先に

そこから、人、物、金、情報扱うビジネスへと転換するのもありですし、物を扱うビジネスを続けて拡大していくのもありです。

要するにビジネスの経験が積めてきたら、個人ビジネスの選択の幅が広がるということです。

もちろん何をやっても成功するというわけでもないですし、たくさんの失敗を積み重ねながらということになると思います。

ただ、失敗するというのはいたって普通のことであり、重要なのは失敗しないことではなく、チャレンジをするということになります。

チャレンジして失敗して、またチャレンジしてたまにうまくいく。

たまにうまくいったことが自分の経験となります。

はじめのうちは、収入は不安定になるかもしれませんが、自分でビジネスを立ち上げて稼ぐことができるという安定を手に入れることができるのです。

 

まとめ

まとめます。

これからの時代の安定というのは、職業で言えばインターネットフリーエージェントになります。

さらに安定的なライフスタイルは、インターネットフリーエージェントとして個人ビジネスを立ち上げ、失敗しながらも成功つかんでいくというライフスタイルが、未来に継続して安定をもたらすライフスタイルになってくると言えます。

それぞれで、経験やスキルも違うので一概には言えませんが、ビジネス初心者であるならば、インターネットを活用した物販から始めると良いでしょう。

 

バイマを活用した、インターネットアパレルバイヤーの仕事に関心があれば、僕のメルマガに登録していただくと、バイマのスタートアップガイドを無料で配布しているので見てみてくださいね。

佐藤由典オシャレに生きるメルマガを購読する

 

※メールアドレスだけで登録できます

 

今回は以上になります。

引き続き良い時間をお過ごし下さいませ♪

ABOUT ME
佐藤 由典
ポン子、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。 2017年から陸マイラーで、2018年にSFC取得しました。 BUYMA物販ビジネス・ゼロ円マイル旅行&ラグジュアリーホテル宿泊・ポイ活する方法について発信しています。