BUYMA

【BUYMA】バイマでリサーチをしないという戦略で利益を上げる

BUYMA(バイマ)で出品をするときに、リサーチをしないという戦略で利益を上げる

今回はバイマでリサーチをしないという戦略についてお話しします。

バイマにはリサーチが必要だという話をしながら、リサーチしないってどういうこと?

て感じだと思います。

リサーチをしない戦略というのは?

リサーチをしない戦略というのは簡単に説明すると、以下のような感じになります。

  1. ブランドとカテゴリを決める。
  2. 該当する商品を全部出品する。

とまぁそんなに難しい話ではなさそうな感じがしますよね。

ではどんなどんな戦略なのかを詳しく説明していきます。

ブランドとカテゴリーを決める

国内買い付けなのか、海外買い付けなのかで分けることもできますが、今回はひっくるめてご説明します。

正直なところ、バイマで何が売れるのかという事は分かりません。

何を買うのかはお客さんが決めることだからです。

売れる商品がわかれば、今頃バイマのショッパーさんはみんなお金持ちです。

僕たちバイマショッパーは、売れる確率が高いという理由で出品していくのです。

なので、リサーチをしない戦略とは、売れる確率が高いブランドとカテゴリーを絞って、すべての商品を出品して様子を見るという戦略です。

全部出品して、1つでも売れたら出品外注パートナーさんへの報酬を差し引いて、少しでも利益が出るような形で攻めるとリスクを少なくして進めることができます。

決めたブランドとカテゴリーの全出品を終えたら、3か月ぐらいは様子を見ます。

その間に別の戦略で攻めても良いですし、同じように全出品をしてみても良いです。

3か月から半年ぐらい経った時に振り返って、今回の戦略で利益が出たかどうかというのをチェックします。

利益が出たのであればまた同じ戦略で、多少ブラッシュアップさせて、次のシーズンのアイテムでまた全出品をやってみてください。

出た利益はまた別のブランドとカテゴリーを絞ってやってみるもよし、新たな戦略を試すもよし、設備投資に回すもよしです。

 

まとめると以下の1,2,3を回転させていくイメージです。

  1. ブランドとカテゴリを決めて全出品
  2. 3か月〜6か月後に利益の額を振り返り
  3. 利益が出ていたら改善しつつ新シーズンの商品を出品

 

ここでリサーチをしない戦略で全出品する際の注意事項を挙げておきます。

(注意点①)キャンセル率に注意

ルイヴィトンなどの人気ブランドでリサーチをしない戦略を実行する場合は、ちょっと注意が必要です。

ブランドとカテゴリを決めて全部出品するということは、超人気の商品も出品するし人気のない商品も出品するということです。

今日人気の商品を出すときには、キャンセル率に注意しましょう。

ご存知の通り、バイマではキャンセルが続くと検索上位に表示されなくなるというペナルティーを受けることになります。

超人気商品を出す場合には、それなりに買付の力が必要になってきます。

もともと買い付けしようと思っていたショップに商品がない場合には、別のショップから買い付けをする必要が出てくるということです。

買い付けさんのいるところで複数ショップがあれば良いですが、変更になってくると現地での買い付けが困難になったり、取り寄せができない商品だったりすると買い付けができないという状況になります。

超人気ブランドを攻めるときには、買付け力も並行して確保していくことが必要になってきます。

 

(注意点②)焦らないこと

ブランドとカテゴリを絞って出品しました。3か月たっても1個も売れませんでした。

こういう状況になっても焦らないことです。

4か月目に注文が来るかもしれません。

注文が来ずに終わる可能性ももちろんあります。

個も注文が来なかったら、そのブランドとカテゴリーには需要がなかったと諦めて、今後は出品しないという極めて実質的な経験が積み上がったということです。

「もうそのブランドとカテゴリを絞って出さない」という経験ができたので、次は当たる可能性が少し上がったのです。

 

リサーチをしない戦略での国内買付けの話

今回挙げた事例はブランドとカテゴリを絞って全部出品するという戦略についてでした。

冒頭に海外買い付けと、国内買い付けについて触れましたが、この戦略をとる場合海外買い付けと国内買い付けで少し見せ方を変えることができます。

最後にそのことについてお話ししております。

国内会社のメリットはなんといってもお客さんが注文してから、手元に届くまでの時間の早さです。

特に、大切な人へのプレゼントや、友人へのギフト利用の場合、早く届くというのは他のショッパーさんと比べて優位に立てることができます。

利益に余裕を持たせておくと、新幹線や飛行機で遠方まで買いに行ったとしても十分に利益が残るようなことにもなります。

ちなみに、在庫を持っていないのにスピード配送タグを入れるとバイマ事務局からのペナルティー対象なので、そこは気をつけてください。

まとめ

まとめます。

バイマのリサーチ戦略の1つとして、リサーチをしない戦略という事に関してご説明しました。

まぁひと言でいうと、数撃ちゃ当たる作戦と言えばそうなのですが、やっていくうちにブランドとカテゴリーを上手に絞り込めるようになると、これだけでも利益をあげることができるので、失敗しながらも経験を積んでやってみていただけたらと思います。

 

では今回は以上になります。

引き続き良い時間をお過ごし下さいませ♪

ABOUT ME
佐藤 由典
奥さん、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。