BUYMA

italist(イタリスト)で買いました。偽物リスクはない?

italist(イタリスト)で買うとこんなです

いちどやってみたかったこの企画。

ふと思い出したのでやってみます。

 

今回はイタリストで購入した商品がどんな感じなのか開封してみます。

 

イタリストと言えば、クレジットカード決済が通らないと言う大問題が発生していました。

こちらの記事です。

イタリスト(italist.com)のクレジットカード決済が通らなくても大丈夫!?さて、皆さんはイタリストと言う海外ショップで購入したことありますか? こんなところです。 italist.com 私は...

ちょっと不安もあったんですが、決済してみると今回はすんなり決済が通りました。

 

商品は、注文から6日後に届きました

 

商品を注文する流れです。

  1. 商品を注文したらすぐにオーダーメールが届く。
  2. 商品が発送された後に、追跡番号と追跡問い合わせリンクが貼られた発送完了メールが届く。
  • DHL追跡問い合わせリンクをクリックすると、状況が手に取るようにわかるのでとても便利です。

 

イタリストで送られてくるパッケージ

到着した段ボール箱はこんな感じです。

注文するときに、特に指定するところは無いのですが、午前中シールが貼ってありました。

早くお届けしたいというショップの気遣いでしょうか!?

今回は、午前中に受け取れたのでありがたかったです。

 

ダンボールのオモテ面には、アドレス情報が書いた紙が添付されています。

写真の画像は紙を取り除いた後の写真です。

 

イタリストのパッケージ開封

ダンボールを開けたらこんな感じです。

今回買ったのは、ショートパンツです。

 

子供たちからたまに、巨人と呼ばれている僕は、ショートパンツはなかなかサイズがなくて、インポートブランドだとしても海外から取り寄せる感じになることがあります。

 

国内ブランドでもサイズがあるにはあるんですが、けっこうサイズLまでしか作っていなくて、XLが存在しなかったりするんですよね。

 

さて、商品を見ると、きっちりイタリストタグがありました。

と、ブランドタグもしっかり付いています。

 

価格情報もしっかりとついていたので、仮にお客さんに送る場合は、検品するときにしっかりチェックしておきましょう。

 

イタリストで偽物が送られてくることはないの?

これまで数十回とイタリストで買い物をしていますが、偽物が送られてきたことはありません?

海外のオンラインストアですし、画面の先には顔も見えない外国人がいると考えると、気になるところだと思います。

イタリストの運営会社

イタリストというだけあって、本社はイタリアかと思いきや、本社所在地はアメリカはカリフォルニア州ロサンゼルスにあります。

会社名は、「ITALIST Inc. 」。

オンラインストアの名称そのままです。

なぜイタリストというのかというと、イタリアのブランドセレクトショップから直接買えるオンラインストアということです。

出店しているセレクトショップがイタリアに特化しているんです。

セレクトショップの数は200以上。

商品点数は200,000点以上。

数字を見るだけでも巨大企業ということがわかります。

同じような業態で、イタリアに特価ではなく、全世界に特化しているFARFETCH(ファーフェッチ)という巨大企業もあります。

FARFETCH(ファーフェッチ)に関してはこちらの記事をご覧ください。

【2019年最新】FARFETCH(ファーフェッチ)でお得に買い物をする方法FARFETCH(ファーフェッチ)とは ファーフェッチというのは世界各国のセレクトショップを集めたファッションオンラインストアです。 ...

 

イタリストは確実に本物が送られてくる

なぜ断言できるかというと、以下のような理由からです。

  • 各国事情は違えど、偽物を扱うと法的に罰せられる
  • 企業の信頼が失墜する
  • 信頼が崩れるため他のショップが出店してくれなくなる
  • 信頼が崩れるため現在提携しているショップが退店する
  • 出店元のセレクトショップも上記と同様のリスクがある

特に世界を相手に商売をしているイタリストなので、お客さんはもちろん、業界の信頼を崩すわけには行かないのです。

これはバイマやファーフェッチにも同じことが言えます。

 

イタリストで買うときの注意事項

特に注意事項はないのですが、強いて1点だけ挙げるとすると、あくまでもイタリアのショップが販売しているということです。

商品自体、本物ですし品質ももちろん問題ありません。

普段、日本のショップでの買い物に慣れていると、丁寧な検品や完璧な梱包、素晴らしいおもてなし顧客対応に慣れていると思います。

海外では必ずしも日本ほど完璧なサービスが行き届いているかと言うと、そんなことはありません。

梱包が若干雑かったり、商品管理が甘く少しシワがあったりする場合もたまにあります。

また、たまにキズがあったりすることもあります。

 

許容できない傷や汚れがあった場合は、遠慮なくイタリストの返品交換サービスを利用しましょう。

返品の申請方法は、イタリストにログインして「My account」から申請できます。

注意事項としては、配達日から14日以内の返送が必要ということです。

 

以上になります。

イタリストで良いショッピングライフを♪

 

ABOUT ME
佐藤 由典
奥さん、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。