BUYMA

【iPhone11ケース・カバー攻め】3つの視点から立てるBUYMA戦略

【iPhone11】3種類のケース攻め3戦略

iPhone11が発表されました。

発表されたiPhoneは3種類。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

気が早いメーカーはiPhone11のケースは既に出していたりします。

IPhoneが発売されると、必ずと言っていいほど市場が盛り上がるのがiPhoneケース、iPhoneカバー市場です。

ファッションブランドもiPhoneケースがバカ売れすることに味をしめ、必ずと言っていいほどiPhoneケースを出してきます。

ルイヴィトンはもちろんのこと、いつ参入するのかなと思っていたシャネルも参入してきました。

グッチ、ドルガバ、クリスチャンルブタン、リックオウエンスなどのブランドもこぞってiPhoneケースを販売してます。

バイマショッパーのみんなも、この市場に乗っかって出品も増えてくると思います。

iPhoneケースを出品するときは、ブランドと攻め方を自分の中で仮説を立ててから攻めると良いです。

売れたにしろ売れなかったにしろ仮説と戦略があれば、他の戦略にも生かすことができますし、次のiPhoneケースブームのときに、どのように攻めていくかの確認にはなります。

iPhone11ケース・カバーを攻めるときの3つの視点

新しいiPhoneが発表されたときには3つの視点でみます。

  1. 新しいiPhoneケース
  2. 少し前のiPhoneケース
  3. モバイルショップで投げ売りされるiPhoneのケース

どのように観て、戦略を立て、出品していくと、売れやすいのかを解説します。

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

最新のiPhoneケース・カバーを攻める戦略

今回でしたら、iPhone11系になります。

まずチェックするのは、前のiPhoneX系のケースやカバーが、今回のiPhone11でも使えるかどうかを見ます。

iPhone11は、カメラのレンズが3つ付いています。

iPhoneX系は2つのレンズ。

iPhoneの形を見ても、明らかにiPhone11の方が、カメラレンズのスペースが広いです。

なので、今回のiPhone11ケース、カバーは、iPhoneX系のケースやカバーが使えないということになります。

つまり、各ブランドは、新しいiPhoneケースを発売するということが確定しました。

後は、ブランドがリリースしたiPhoneケースの情報を元に出品するという流れになります。

iPhone11系のケースやカバーを買うお客さんは誰なのか?

新しいもの好きでかつ、ブランド好きの人がケースを買います。

 

少し前のiPhoneケース・カバーを攻める戦略

対象となるiPhoneは、iPhoneXiPhoneXRiPhoneX Maxです。

どういった人が、iPhoneX系のケース・カバーを買うのかは、以下の通りです。

  • 物持ちが良い人
  • 新しいものを買うのに慎重な人
  • 中古で買う人
  • 機種変のタイミングじゃない人

今回の新機種発表のタイミングで機種変しない人が、市場からiPhoneXケースが減っていくので、早くケースを買い替えておかないとって焦る。

特にブランド物は、シーズンで商品が入れ替わるので、iPhone過去モデルのケースは市場から消えるかもしれません。

もちろんすでに、お気に入りのブランドiPhoneケースを持っていたら、ケースの買い替えは必要ないかもしれません。

しかし、型落ち商品を中古で買う人も世の中にはたくさんいます。

中古で買ったときに、お気に入りのブランドiPhoneケースがすでに市場からなくなっていると買えません。

市場から消えたモデルのブランドiPhoneケースを扱うことができたら、BUYMA市場で優位に立つことができます。

モバイルショップで投げ売りされるiPhoneのケース・カバーを攻める戦略

意外と盲点なのが、この型落ちのさらに前のiPhoneです。

今で言うとiPhone8です。

機種変するときに、多額のキャッシュバックや、ポイントバックに合わせて、iPhone8を手にする人も多いです。

モバイルショップも、在庫を捌けたいので、iPhone8を勧めてきます。

型落ちiPhoneケースが市場からなくなるという話は、前のiPhoneX系ケースの話と同じくです。

定価でiPhoneは買えないけど、メルカリで買ったり、モバイルショップで機種変時に一括0円で手に入れり。

というような人向けに、出品しておくと良いでしょう。

ブランドのアパレルは高くて手が出ないけど、ブランドの雰囲気を味わったり、小物をアクセントに使いたかったりするときは、iPhoneケースは使い勝手が良いです。

良くカバンから取り出したり、手に持ったり、机に置いたりと、日常で良く目にするところで活躍するからです。

 

型落ちiPhoneケース・カバーの仕入先

ブランド物の、型落ちiPhoneケース・カバーが市場から減っていくというときに、どこから仕入れたら良いのかという話になります。

少し前のモデルの商品があるところと言えば、

  • アウトレットモール
  • セレクトショップ(のセール品)

ということになります。

本当かどうか一度、見てみてくださいね。

こういうところで、実際に見るか見ないかで大きな差が出てきます。

 

実際に見ると、仮説が確信に変わり、さらに出品までして売れると新たな自分オリジナルの戦略が生まれます。

こういう積み重ねでバイヤー力が付いていくのです。

 

まとめ

iPhoneケース市場は、常に動いているので、BUYMAでも盛り上がっています。

新しいiPhoneケースだけでなく、型落ちiPhoneケース市場も熱いので、トライしてみてくださいね。

というわけでiPhone 11ケースを仕込むならばお早めに♪

ABOUT ME
佐藤 由典
奥さん、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。