BUYMA

職業インターネットファッションバイヤーというフリーエージェント

職業インターネットファッションバイヤーというフリーエージェント

職業旅人の真似をしたかったんですけど、全然それっぽくならなかった。

まぁ、それはいいとして、職業インターネット〇〇というのは、たくさん出てきてるようで、本業としている人がまだまだ少ないのかなって印象です。

インターネットファッションバイヤーという職業がどんな職業なのか、フリーエージェントという会社に属さない働き方のスタイルと合わせて解説してみようと思います。

そもそもインターネットファッションバイヤーが何なのかと、フリーエージェントが何なのかを先に説明します。

 

ファッションバイヤーとは?

ファッションバイヤーとは販売するためのアパレル商品の買い付けを行う仕事です。

アパレル業界の中では花形と言われ、ファッションバイヤーに憧れを抱く方も多く、人気の高い職種です。

目利きはもちろんのこと、業界での経験やコミニケーション能力、信頼どうも必要になってくるので就職してすぐバイヤーとしてバリバリ活躍するというケースはほぼないでしょう。

アパレル企業の中でのファッションバイヤーというのはこのような位置づけです。

もちろん、売り上げを左右する大事なポジションなのでそう簡単にはなれない職種であることは間違いないです。

ファッションバイヤーというのはざっくりというとこのような職業になります。

 

インターネットファッションバイヤーとは?

誰もが知っている通りインターネットを使えば、国境越えて画像や動画のやりとりができますし、メッセージのやりとりはもちろん会話もすることができます。

こういった環境を自分で作り、インターネットと、人のネットワークを駆使して、お客さんにものを届けるのがインターネットファッションバイヤーです。

そもそも、インターネットの本質は中抜きです。

海外のメーカーと日本にいるお客さんを直接つなげるのを、一手に引き受けるのがインターネットファッションバイヤーと言えます。

どうやってインターネットファッションバイヤーになれるのかというと、楽天、Amazon、バイマ、ヤフーショッピング、ヤフオク、ebayなどプラットフォームを使ってインターネットファッションバイヤーという職業をスタートすることができます。

プラットフォームとは

プラットフォームというのは、アマゾンや楽天、Yahoo!ショッピングやヤフオク、メルカリなど、両者と個人、個人と個人をつなげる場のことです。

既にファッションアイテムが手元にあり、後は売るだけという状態であれば、どんなプラットフォームを使っても良いですし、むしろ全部のプラットフォームを使うという手もあるでしょう。

しかし、5人で手軽にインターネットファッションバイヤーという職業をやってみようという場合には、まずは6在庫での販売が認められている合間を使うのをオススメします。というかBUYMA一択です。

BUYMAのホームページを見たらわかるように、様々なブランドの様々なカテゴリーの商品がずらりと並んでいます。

これは業者もいるのですが、大概が個人が自分のインターネット上でのネットワークから出品しているものです。

バイマについてもう少し詳しく説明します。

 

バイマのビジネスモデルについて

バイマは場を提供しているだけで、お客さんにアパレル商品を販売しているわけではありません。

(バイマリセールというアカウントで販売しているのは除く)

アパレル商品

↓↓↓

インターネットファッションバイヤー×バイマ

↓↓↓

お客さん

という流れです。

 

バイマという場で活動するインターネットファッションバイヤーが、商品をお客さんへ販売しています。

 

バイマはバイマ上で取引される販売額から手数料という形で収益を得るビジネスモデルです。

 

インターネットファッションバイヤーは、インターネット上に仕事場があり、インターネットがあればいつでもどこでも仕事ができます。

さらには、会社に雇われる必要もないので、フリーエージェントという立場で仕事を進めることができるのです。

 

では、フリーエージェントについてみていきます。

フリーエージェントとは?

フリーエージェントというのは会社に雇われない働き方のことです。

アメリカでは、2020年までに労働人口の50%がフリーエージェントになるという予測もあります。(以下、引用)

https://newsphere.jp/business/20170319-2/

フリーエージェントには、以下の分類があります。

  • 非正規社員(派遣社員)
  • フリーランス
  • 零細マイクロ法人(1人社員・家族のみで構成された法人)

フリーエージェントは、会社に雇われない働き方をしている人という意味ですが、上に上げた2つの働き方は、確かに会社に雇われていません。

しかし、その実、会社や雇用主に依存する働き方なので、ここでは推奨しません。

零細マイクロ法人(1人社員・家族のみで構成された法人)

はじめは個人事業主で始めて、自分がオーナーのビジネスで収益が出てから、もしくは消費税が免税になる2年後に、零細マイクロ法人を立ち上げるのが良いでしょう。

 

(まとめ)インターネットファッションバイヤー×フリーエージェント

インターネットファッションバイヤーとフリーエージェントの相性が良いので、絡めてみてみます。

インターネットファッションバイヤーで、インターネットがあればいつでもどこでも仕事ができるという仕組みを作る。

零細マイクロ法人を立ち上げて、フリーエージェントという生き方を選択する。

 

これによって、会社に依存すること無く、自分がオーナーのビジネスで生きていくことができるようになります。

今回はひとまずインターネットファッションバイヤーとフリーエージェントという切り口で、会社に依存することなく、自立できることを解説しました。

 

文化流水理論により日本でもフリーエージェントの数が増える

「文化は高きところから低きところへと流れる。」

これは、日本マクドナルドを創業した藤田田(でん)さんの言葉で、文化流水理論のことです。

 

アメリカで起こった現象が、日本で後に起こるのはこれまでの歴史が証明しています。

今はまだそれほど多くないインターネットを職場にするフリーエージェントですが、これからはフリーエージェントの数とともに増えていくでしょう。

 

とはいえ、フリーエージェントは、周りがどうあれ、自分の得意なことや好きなことを、インターネット上でやっていくので、幸福度高く人生をエンジョイしていくのです。(^^)

 

今回は以上になります。

引き続き良い時間をお過ごしくださいませ♪

ABOUT ME
佐藤 由典
奥さん、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。