BUYMA

【BUYMA9年目の僕から見て】バイマ始めた頃に、やって良かったこと4点をまとめます。

BUYMA9年目の僕から見て、バイマを始めた頃に、やって良かったこと4点をまとめます。

僕がバイマを始めたのは2011年です。

その後、本腰を入れて2013年にリスタートを切りました。

そんなこんなで結講な時間が経ちました。

まずはざっと振り返ってみて、はじめの頃にやって良かったことやっとけばよかったことをまとめます。

バイマ始めた頃に、やって良かったこと

  • ひと通りの業務を自分でやってみた
  • 思い切ってバイマ出品業務の外注化をしてみた
  • バイマ検品・梱包・出荷業務の外注化
  • 他のビジネスに手を出さず、バイマだけやってよかった

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

バイマを始めた頃にやって良かったこと4つ

ひと通りの業務を自分でやってみた

出品からお客様対応、梱包から出荷まで、ひと通り自分でこなしました。

夜な夜な梱包作業をして、出荷してました。

ビジネスがなんたるや、右も左も分からない状態で始めたバイマでした。

ひと通りの業務を自分でやってみたことで、どのようにバイマビジネスが進んでいくのかが腹落ちしました。

腹落ちしたことで、自分がどこに時間を出して、どこを外注化していけば良いのかがしっくりきました。

 

思い切ってバイマ出品業務の外注化をしてみた

自分でもはじめの頃に集中して300品ぐらい出品しました。

バイマを始めた当時は甘々だったので、1日に20品出品して良しって思ってた時もありますし、5品ぐらい出品して今日はもういいやってやめた時もあります。

品も出品せずに終わった時もあります。

それでもがんばって300品出品してみました。

300品出品してみて、もうこれは外注化してもいいんだなって思いましたし、バイマのビジネス的にも外注化必須と素直に思えました。

この外注化が必須だなって素直に思えた時が、今思えば外注化のマインドブロックが崩れた時かなって思います。

そこからクラウドワークスやランサーズを使って外注化を進めることが当たり前になりました。

余談ですが、この外注化という考え方がまさに経営者の考え方です。

スキル的に、時間的に自分にできないことを人にお願いすることで業務を進めていくという考え方です。

自分はより利益を生み出す活動にフォーカスします。

よくレバレッジを効かすということを言いますが、この外注化こそがビジネスのスピードを上げる、大きなポイントになってきます。

なので、外注化をバイマの中で経験できるということも、ご自身にとって大きなビジネススキルが身に付くとも言えるでしょう。

 

バイマ検品・梱包・出荷業務の外注化

結構飽きるぐらい梱包もしましたので、利益が出始めると、発送業務を外注化してもいいなって思いました。

出荷業務の外注化は、そんなことできるんだろうかとか、余計に手間が増えるんじゃないかとか最初は思ってましたが、いざ外注化してみると、もう自分で梱包して出荷するという業務はできなくなります。

それぐらい外注化して良かったってことです。もう後戻りはできません。

僕がバイマを始めた時は、バイマに特化した配送サービスは1つか2つだったように思います。

当時、初めての事なので、実際に見に行ける倉庫(出荷代行業者)を探してみました。

大阪市にあった個人のネットショップに対応した配送代行業者に、手持ち在庫を持っていって、ファイルやメールで連携をとりながら進めていったのが思い出されます。

この経験があるので、今や遠方の配送代行業者でも問題ないですし、費用の面でも満足いく形でやってもらっています。

もちろん個人の出荷パートナーさんを見つけてやるのもありです。

 

他のビジネスに手を出さず、バイマだけやってよかった

バイマで利益が出るまでは、バイマ以外のビジネスに手を出していなかったということです。

僕は元来、飽き性で、気が移りやすいんですが、この時はバイマ以外のことをやる時間もなかったということもあり、バイマだけをやっていました。

今振り返るとこれが良かったと思います。

結局、最短最速で結果が出るのは一極集中したときです。

人間の集中力や、124時間しかないことを考えると、新しくビジネスを始めるときにいくつものビジネスを並行してやるというのは、ビジネス初心者の場合はやめといたほうがいいです。

ひとつのビジネスを作り上げて、それを全て誰かに任せて回る感じであるならば、次のビジネスに着手するということも考えていいと思います。

はじめのうちは、確実に言えるのが「一極集中する」ということです。

では次にやっとけばよかったことを挙げてみます。

バイマ始めた頃に、やって良かったことまとめ

  • ひと通りの業務を自分でやってみた
  • 思い切ってバイマ出品業務の外注化をしてみた
  • バイマ検品・梱包・出荷業務の外注化
  • 他のビジネスに手を出さず、バイマだけやってよかった

BUYMAを始める前や、始めたてでしたら、ぜひとも参考にして進めていってみてくださいね。

思いっきりまとめると、そもそもバイマ自体やってよかったと僕は思います。

ビジネスとはなんぞやということの視点や、考え方を学びましたし、どれぐらいやればどれぐらいの結果が出るのかというマインドも作ることができました。

これからどんなことにチャレンジするとしても、そもそものビジネス的な基盤や、行動の基準が上がっている状態で始めることができます。

なので、結果を求めながらも、チャレンジそのものを楽しんでやっていける感じです。

 

最後にひとつ付け加えて終わりにします。

何かビジネスを始めるのであれば、毎日続けられることがいいです。

初めから毎日続けられるって事は無いのかもしれませんが、3か月ぐらいやってみて続いているのであれば、それはもう結果が出るまで続けていいレベルだと思います。

3か月ぐらいやってみて、逆に、3日に1回くらいしかバイマのログイン画面開いてないなぁとか、ここ1週間バイマの画面を開けてないなぁっていうのであれば、違うビジネスに取り組んだ方が良いです。

ビジネスが向いていないという話では全然なくて、むしろ、バイマではなく違うビジネスの方が結果が出てくるんじゃないかなって思います。

人間誰しも、得意不得意があるので、自分に合ったビジネスを選んで、その合ったというのが毎日できるかどうかというところに基準を置いてやっていくと、3か月、半年、1年とやっていくうちに必ず結果がついてきますよ。

ABOUT ME
佐藤 由典
佐藤 由典
合同会社マエストロ 社長 自由を求めて独立→1社潰す→真面目にビジネス取り組む→浮上して独立/奥さんにビジネス教えたら、勝手に会社員数か月分の利益を毎月出し続けてる ■実績:BUYMA利益150万円/月・楽天売上167万円/時・EC売上1,000万円/月・言えない案件利益300万円/月 現在は奥さんにネットビジネスをほぼまかせ、企業のITサポートをこなしながら、新たな事業にチャレンジ中。 平日15時以降は子どもたちと過ごす時間にしてます。
BUYMAスタートガイドブック期間限定無料配布中!

BUYMAスタートガイドブック

BUYMAでファッションバイヤー業を可能にするガイドブックです。

実際にこのガイドブックのみで稼ぎ始めることができるように作っています。

BUYMAでのビジネスってどんな感じなのか覗いてみたいって人もどうぞ。

このガイドブックだけで実際に稼ぎ始めた人もいますよ。

BUYMAスタートガイドブックの目次です。

PDF83ページに凝縮してまとめました。


すぐにご登録のメールアドレス宛にBUYMAスタートガイドブックがダウンロードいただけるURLを送ります。

メールが来ない場合は、まず迷惑メールフォルダをご確認ください。

オススメはGmailです。