起業の心得

副業で20万円以上の利益がでたときは、個人事業主になろう!

副業で20万円以上の利益がでたときは

1年間で20万円以上の利益がでた場合は、確定申告する必要があります。

逆に、1年間で20万円以下の利益だった場合は、確定申告する必要はありません。

1年間で20万円というのは、月換算すると、1か月の利益が16,667円になります。

月に15,000円程度の収入なら確定申告はしなくてよいんです。

これは会社員の話です。

個人事業主になると、利益がいくら出たとかいう問題ではなく、確定申告はマストです。

1年間で20万円以上の利益が出たら、もう個人事業主登録してしまおう!

個人事業主として登録する方法は?

めちゃくちゃカンタンです。

開業届を市役所に提出するだけです。

開業後1か月以内に届け出を出すというルールがあります。

1か月経ってから開業届を提出しても受理していただけますが、提出はお早めに。

開業届は、お住いの市のHPからダウンロードできると思います。

一度、ググってみてくださいね。

そもそも個人事業主って何?

法人ではなく、個人で仕事をしている人を個人事業主と言います。

仮に従業員を雇用していたとしても、法人にしていない限りは個人事業主です。

開業届を出して、個人事業主になるメリット

税金面で優遇されます。

確定申告で青色申告をすると、まず、最大65万円の特別控除が受けられます。

つまり、利益が100万円出たとしても、最大65万円の特別控除が受けられますので、実質利益は35万円として計算しても良いということになります。

さらに、経費で35万円かかったなら、100万円の利益から35万円の経費を引くと、実質65万円の利益という計算になります。

なので、65万円の利益から特別控除分65万円をマイナスして、利益が0になります。

すると、利益が0円なので、払うべき税金も0円ということになります。

数字のマジックのように思えますが、ルールとして決まっていることなんです。

この辺の計算は、freeeやマネーフォワードに任せてしまっても良いです。

ネットビジネスでの実績ですが、freeeのことは以下の記事で述べていますので見てみてくださいね。

会計の帳簿処理を自動化するならfreee

個人事業主で扱うスモールビジネスであればfreeeを使いましょう。

freeeとは、ビジネスに特化した自動会計のサービスです。

個人事業主の事業者登録と同時に導入しておくと、クレジットカードと銀行口座を連携して、会計の帳簿を自動でつけていってくれるので大変便利です。

会計処理をすることに時間をかけていては、本来やるべきビジネスに向き合う時間が減ってしまいます。

会計に関しては、できる限り自動化してしまいましょう。

会社員をやりながら個人事業主として登録できます

問題なく登録できます。

さらに税制面でも優遇されます。

1年間に20万円以上の利益がでるなら、開業届を出して、青色申告をして、税金面での優遇を受けることが出来ます。

意外と開業届を出した事業が自分に合っていて、大きく化けることもありえます。

もちろん、副業をするなら、会社がOKを出していることが前提です。

隠れてやるのもアリですが、ヒヤヒヤしながら事業をすすめるのはおすすめしません。

どうせやるなら気分良くやりたいもんです。

 

 

 

 

ABOUT ME
佐藤 由典
合同会社マエストロ 社長 自由を求めて独立→真面目にビジネス取り組む→独立/奥さんにビジネス教えたら、勝手に会社員数か月分の利益を毎月出し続けてる ■実績:BUYMA利益150万円/月・楽天売上167万円/時・EC売上1,000万円/月・言えない案件利益300万円/月 現在は奥さんにネットビジネスをほぼまかせ、企業のITサポートをこなしながら、新たな事業にチャレンジ中。 平日15時以降は子どもたちと過ごす時間にしてます。
BUYMAスタートガイドブック期間限定無料配布中!

BUYMAスタートガイドブック2.0

BUYMAでファッションバイヤー業を可能にするガイドブックです。

実際にこのガイドブックのみで稼ぎ始めることができるように作っています。

BUYMAでのビジネスってどんな感じなのか覗いてみたいって人もどうぞ。

このガイドブックだけで実際に稼ぎ始めた人もいますよ。

BUYMAスタートガイドブック2.0の目次です。

91ページに凝縮してまとめました。


すぐにご登録のメールアドレス宛にBUYMAスタートガイドブックがダウンロードいただけるURLを送ります。

メールが来ない場合は、まず迷惑メールフォルダをご確認ください。

オススメはGmailです。