BUYMA

BUYMAで売れていないショッパーさんが陥る5つのポイント

こんなにがんばっているのになんで売り上げが上がらないんだろうって思っている初級者バイマショッパーさん向けに記事を書いています。

  • 自分は頑張っているのだけど、実は頑張っていない節
  • 自分が売りたいものを売っている
  • お客さんが誰なのかが見えていない
  • 出品の品質が実は低い
  • 細部に神が宿っていない

ではひとつひとつ見ていきましょう。

自分は頑張っているのだけど、実は頑張っていない節

がんばっているか、がんばっていないかを何で判断するのか?

ここを売り上げとか利益とかいうとみもふたもない話になってしまうのでちょっと違った視点から見ていきます。

バイマのショッパー活動で、重要なのは出品です。

出品数にフォーカスしてみたいと思います。

 

今の出品数が1,000品未満ですとがんばっていない判定が出ます。笑

えーって思われるかもしれません。

ですが結構それが現実だったりします。

300品出品するのは結構大変です。

僕も経験したのでよくわかります。

って言うかめちゃめちゃ大変だと思います。

300品も出品したのだから自分が頑張ったと当時は思ってましたし、さらに続けて700品まで出品数を上げたときにはこれで結果が出なかったらもう無理なんてことを思っていました。

しかしバイマで売り上げを立てている人たちに話を聞くと、「2,500品位すね」って軽く言っていたのに、すごく衝撃を受けました。

自分はめっちゃめっちゃ頑張っているつもりだったんですが、数字で見たらそれががんばっている分には入らなかったということを認識しました。

というわけで、数百品出品して満足してはいけないというお話でした。

自分が売りたいものを売っている

これも結構あるあるです。

自分が知っているファッションブランド、自分が興味があるカテゴリーを責めたくなるのはよくわかります。

なぜなら、思い入れが強く、自分が好きなもんなので、他の人も好きだろうと錯覚してしまうのです。

これもある意味仕方がないことなので、そこは割り切って売れているものを得るという思考に変える必要があります。

なぜなら自分と同じ感覚を持っている人はいないことありませんが、BUYMA市場という膨大なマーケットの中ではそういった人は極小です。

バイマ市場を客観的に見て、一般的にどんな商品が動いているのかということにフォーカスしましょう

魚釣りの例で例えると、どんなに餌だとしても、魚がいないところに餌を鳴らしても魚は釣れないということです。

逆に魚がいるところに餌を鳴らすと、魚が釣れるという単純な話なのですが、意外と陥りやすいトラップなので解説いたしました。

お客さんが誰なのかが見えていない

これはちょっと高度な話になりますが、お客さんが誰なのかというのを認識することです。

  • 女性なのか、男性なのか
  • お金持ちなのか、コスパ重視なのか
  • 10代なのか、40代なのか
  • 働いているのか、働いていないのか
  • 子供がいるのか、子供はいないのか
  • 経営者なのか、サラリーマンなのか
  • 都会に住んでいるのか、田舎に住んでいるのか

ここがてんでバラバラだと、売れるものも作れないです。

 

先程の魚釣りを例に出してみます。

せっかく魚がいるところに釣り針を表しているとしても、イワシのように口が小さい魚の群れのところに、鯖を餌にして釣り針を垂らしていると、お腹がすいたイワシだとしても鯖は食べれないので釣れないということになります。

例えが分かりにくかったらすみません笑

でも、大体のニュアンスは伝わると思います。

出品する商品のカテゴリーやブランドが決まっているならば、この商品を買いたそうなお客さん向けに出品するということを意識して出品していくことです。

具体的にいうと、

  • 画像加工の仕方
  • 商品タイトルの書き方
  • 商品コメントの書き方

に反映すると良いです。

出品の品質が実は低い

これは過去僕もやらかしたことがあるので説明しておきます。

 

言葉は悪いですが、実は品質の低い出品の仕方で、出品をを続けていたということがありました。

この時は見事に売り上げが上がりませんでした。

低品質というのは、

  • 商品タイトル
  • 商品画像
  • 商品コメント

といったところです。

全てにおいて手抜き出品を繰り返していた時期がありました。

その時は出品数は元が上がっていくのですが、売り上げがそれに伴って上がらないという状況になりました。

改善したらいいやんって思うと思いますが、それでショッピング恐ろしいところが、手抜きなので出品が楽なんです。

いちど出品の品質を下げてサボることを脳みそが覚えると、なかなか元通りに戻すことが難しいという状況になります。

誰か第三者の目で、この出品はいけてないということを言ってもらえれば良いのかもですが、やっている本人は客観視するのが難しいので、結局のところその泥沼から抜け出せずに、心地よいぬるま湯につかってしまうという状況になるのです。

マジで注意してください。

細部に神が宿っていない

細部に神は宿る。という有名な言葉があります。

リサーチでも、出品でも、ショッパーページの作り込みでも、細部まで手が行き届いているショッパーさんと、いい加減なショッパーさんというのは、お客さんからすると一目瞭然です。

適当に書いてみたり、適当に出品をしていたりすると、適当なショーッパーさんだなって思います。

特に実名を探しているわけでもないので、お客さんとしてはしっかりしている、危なっかしくないショッパーさんから買いたいというお客さんが多くいると思います。

特にショップページの作り込みは、普段は適当でも、やってやれない事はないと思いますので、最後までしっかり作り込んでおいてくださいね。

 

以上が前まで売れていないショーッパーさんが陥っている5つのポイントについて解説していきました。

どれか1つでも当てはまることがあれば、改善すれば逆に伸びていく可能性しかないので、ぜひ改善の参考にしてみてくださいね。

では引き続きよいバイヤーライフお過ごし下さいませ。

BUYMAスタートガイドブック期間限定無料配布中!

BUYMAスタートガイドブック

BUYMAでファッションバイヤー業を可能にするガイドブックです。

実際にこのガイドブックのみで稼ぎ始めることができるように作っています。

BUYMAでのビジネスってどんな感じなのか覗いてみたいって人もどうぞ。

このガイドブックだけで実際に稼ぎ始めた人もいますよ。

BUYMAスタートガイドブックの目次です。

PDF83ページに凝縮してまとめました。


すぐにご登録のメールアドレス宛にBUYMAスタートガイドブックがダウンロードいただけるURLを送ります。

メールが来ない場合は、まず迷惑メールフォルダをご確認ください。

オススメはGmailです。