起業の心得

独立して感じた7つの不安と解消案

独立すると、通勤もなくなるし、時間も自由になる。

仕事も自分で決めたい!そんな生活がしたい!

OKです。できます。

しかし、薄々感じていると思いますが、良いことずくめでもないのが独立です。

完全に独立して5年目に入った僕が感じる、独立後の不安7つをまとめてみました。

ちゃんと、解決策も提示しておきますね。

月々の安定した収入が保証されない

最も不安に思うのは、ここじゃないでしょうか。

会社に勤めていたら、毎月の収入が保障されます。

アルバイトとしても定期的に通っていれば定期的な収入が見込めます。

派遣社員だとしても同じです。

完全に独立すると月々の安定した収入が保障されないというのは本当です。

自分で仕事を作って、やっていく必要あります。

駆け出しの頃は、仕事も安定せず、自転車操業の日が続くかもしれません。

でも、その状況がずっと続くわけではないです。

ある程度仕事が軌道に乗ると、その軌道に乗った仕事からの安定的な収入が入ります。

その頃には自分のスキルもアップしているので、他の仕事をプラスして、収入の幅を広げることも可能です。

それはそれで、意欲やモチベーションといったまた別問題が発生しますが、ひとまず自分の最低限の生活を営むための収入は、自分の頑張り次第ではありますが得ることが可能です。

絶えず危機感と隣り合わせ

特にはじめのほうは、自分が動いてなんぼの状態だと思います。

例えば、病気や事故で自分が動けなくなった時、取引している会社の契約が打ち切られた時、アマゾンでものを販売していたりすると、アマゾンのルールが大幅に変わった時、

そんな時に、一気に収入が激減したりする恐れはあります。

確率は低くても、ゼロではありません。

そういう意味で、常に危機感と隣り合わせという状態になります。

これは、個人事業主や、会社の社長だとしても共通の悩みともいえます。

じゃぁその不安に、危機感に、いつも怯えて暮らしているのかと言えば全然そんなことありません。

危機的状況に陥るかもしれないというのは受け入れて、そうなったらそうなったで、臨機応変に対応するだけということです。

さらにいうと、こういった不安は大体起こらないし、起こったとしても死ぬわけではないので、また頑張ろう。それだけです。

独立する前だと、、そんなことになるの、嫌だなぁ。

と思うかもですが、意外と慣れるもんですし、普通です。

クレジットカードの審査に通らない

独立する前にそういう話は聞いていましたが、いざ自分が大手VISAのクレジットカード発行で審査落ちしたときに実感しました。

学生や主婦の方が案外通ったりします。

サラリーマンならなおさらです。

会社勤めをしていて、独立を考えているなら、クレジットカードは会社員のときに作っておきましょう。

審査方法についてはカード会社が審査基準を非公開にしているので、「絶対に通る。」もしくは「絶対に通らない。」というわけでもありません。

カード会社によって審査基準はまちまちです。

通やすいクレジットカードと、通りにくいクレジットカードが存在します。

僕の経験からいうと、

エポスカードやイオンカードも通りました。

楽天カードやイオンカードも問題なく。

アメックスもいけますね。

物販をされるのであれば、クレジットカード枠はたくさんあったほうが利益を出しやすいので、クレジットカード審査に通らないのではないか!?と、心配になるかもしれません。

そんな時は、ビジネスカードです。

クレジットカードには、個人が契約する個人カードと、法人で契約するビジネスカードというのがあります。

個人事業主だとしてもビジネスカードの発行が可能です。

ですので、どうしてもクレジットカードの審査に落ちてしまうという時は、ビジネスカードの契約をお試しください。

「それでも発行が無理」ということはほとんどないと思います。

どうしても無理な場合は、デビットカードの発行も可能ですので、クレジットカードがなくて困るということはまず無いです。

自分で勉強してスキルアップする必要がある

そうなんですよね。

自分で勉強しないと、自分のスキルは何も変わらないです。

仕事をする中でスキルアップしていくのが1番良い勉強方法かなって思います。

学生の時みたいにいざ机に座って学習というより、収入や実績に直結する実践の中での学びが1番効率が良いです。

それでも、今まで自分が取り組んでいなかった分野や、仕事の中では学べない学びは、積極的に外部に出て行って勉強するのが良いです。

外部で学習をすると、同業者や、他の分野の人たちとも触れ合うことができますし楽しいですよ。

孤独

特に、1人で仕事をする場合は孤独と向き合うことになります。

向き合うというか、受け入れるといった方がしっくりくるかな。

朝起きて通勤して会社に行くということがないので、同僚とか、会社の上司とか、ビジネスとはいえ、仲間でチームプレーするというのはありません。

みんなとワイワイしたかったり、みんなとチームプレーがしたいという場合は、もしかしたら会社に所属して仕事をするのが良いのかもしれません。

それか、個人で独立して、早々に会社を興して雇用を発生させて、組織マネジメントをするという意味で孤独からは抜け出せるのかもです。

僕の場合、孤独が苦にならなかったし、むしろややこしい人間関係の世界から脱却できて良かったと思ってます。

住めば都で意外と何とかなりますし、どうしても人と触れ合いたい時は、友人と食事に行ったり遊びに行ったり、その辺も自由です。

確かに不安を共有したり、相談したり、気軽に相談できるメンターや友人がいないと確かに孤独を感じるかもしれませんね。

僕は使ったことないですが行政サービスもあります。

お住まいの商工会議所に行くと、起業相談なんかありますので積極的に活用しても良いでしょう。

確定申告・税務処理は自分でやる

これまで会社に勤めていたら、会社で全部やってくれていた税務処理や、給与処理、確定申告の処理、年末調整何かは、完全に自分でやる必要があります。

かといって、難しいことなのかというと、そうでもありません。

最近は、freeeや、マネーフォワードのような、確定申告の書類作成がウェブ上で簡単にできるサービスが立ち上がってます。

クレジットカードや銀行口座と紐付けることができるので、日々の経費の入力や、勘定科目のセットなんかも自動でやってくれます。

最終的に、確定申告をするときに、自分の方で入力内容を少し修正すれば、確定申告に必要な書類が自動で発行されます。

それを持って税務署へ行くだけでオッケーです。

それでも不安な方は、税理士さんにお願いすると良いでしょう。

個人事業主で、新規立ち上げの場合、安価にやってくれるところもありますので、近くで探してみてくださいね。

自己管理・時間管理を意識

体が資本とはよく言ったもので、自己管理、時間管理が必要です。

立ち上げ時、自転車操業的にやっているときに体を壊すと仕事にならなかったりします。

また、やる気やモチベーションに左右されて、仕事に手がつかないなんてこともあり得ます。

気合で何とかなる部分もありますが、できれば常に日ごろから自分の体調管理や健康管理、時間管理をしてハイパフォーマンスを出せる状態にしておくのが良いです。

モーニングルーティーンとかいう動画が流行ってたりしますが、僕にもモーニングルーティーンはあります。

時間管理やスケジュール管理は、AppleWatchや、iPhoneを使ってこまめにやってます。

体調管理に関しても、暴飲暴食しないであったり、自分の体と照らし合わせて、体調が悪くなったり、パフォーマンスが下がるような食べ物は極力避けたりもしています。

不特定多数の人がたくさんいる電車や、会社への出勤もないので、ウィルスにさらされることも少なくなりました。

おかげさまで風邪をひくこともほとんどありません。

独立すると、自分の健康に向き合うことになるので、意外と健康になって、日々の生活が楽しくなったりします。

時間を無駄に使うことも激減しました。独立して感じる不安というよりかは、良かった事に分類されるかも!?

まとめ

たくさん不安要素ありましたが、どれも解消方法はありますし、逆に良い方向に向いたりもします。

考え方次第だなんて呑気なことを言うつもりもありませんが、あなたが取る行動によって、不安とも取れるし良い事と捉えることが出来るのも事実です。

まぁ、独立してあれこれ不安を感じて頭を悩まされているというより、忙しくてやることが多く、不安を感じる暇もないという状況になると思いますので、ご安心を。

 

ABOUT ME
佐藤 由典
佐藤 由典
合同会社マエストロ 社長 自由を求めて独立→1社潰す→真面目にビジネス取り組む→浮上して独立/奥さんにビジネス教えたら、勝手に会社員数か月分の利益を毎月出し続けてる ■実績:BUYMA利益150万円/月・楽天売上167万円/時・EC売上1,000万円/月・言えない案件利益300万円/月 現在は奥さんにネットビジネスをほぼまかせ、企業のITサポートをこなしながら、新たな事業にチャレンジ中。 平日15時以降は子どもたちと過ごす時間にしてます。