1leg OKA-SYDタッチ

【OKA-SYDタッチ2018】<1日目>めちゃめちゃ充実のシドニー観光1日目 SFC修行ファーストレグ|1Leg

【シドニー1日目】

機内でAIR SIMの設定をしてネットワーク環境を確保

まずは飛行機がシドニー国際空港(キングスフォード・スミス国際空港)に着陸して、外に出るまでにAIR SIMの設定を完了させます。

AIR SIMの設定はすぐに終了するので、空港内に入るときには、すでにスマホでインターネットができる状態になっています。

 

Opal card(オパールカード) を購入して移動を楽に

シドニー空港からは、エアポートリンクという電車で市内に向かいます。

まずはシドニー市内の移動で使うOpal card(オパールカード)を購入します。

日本のSUICAカードみたいなもので、これがあると移動がスイスイです。

こんなカードです。

f:id:yukkimouse:20181027115217j:plain

私が行った時は、初期入金金額が35ドルになっていました。もうちょっと使うかなぁと思って40ドルをセットしたオパールカードを購入しました。

f:id:yukkimouse:20181027115757j:plain

 

換金はATMでクレジットカードキャッシングを利用

オパールカードを買う手前に、キャッシングコーナーがあったのでここで現金を手に入れておこうと思ったのですが、持っていたビザカードがなぜが使えなくて、現金を引き出すのを断念。

f:id:yukkimouse:20181027115557j:plain

空港内のATMの手数料は2$。

市内のATMの手数料は4$でした。

f:id:yukkimouse:20181027115643j:plain

 

 

後から判明したのですが、入力していたPINコード(4桁)が違いました。日本でクレジットカードのPINコードを使うことはなかったので、いきなりPINコードを要求されてびびりました。

キャッシングで現金をゲットしようと思われている方は、ATMでPINコードを要求されるので注意が必要です。

その後、別のカードを使って、市内にあるATMで再度トライして無事に現金をゲットすることができました。

オパールカードを使って電車で市内へ

オパールカードをゲットしたら、向かう先はセントラル駅。滞在するホテルの最寄り駅です。

アーリーチェックインは期待していませんでしたが、背負っていたリュックサックだけでも預けて、少しでも身軽になっておこうとホテルへ向かいます。

 

f:id:yukkimouse:20181027120011j:plain

 

シドニー名物2階建て列車。

f:id:yukkimouse:20181027120023j:plain

駅に着いたらてくてく歩いてホテルへ向かいます。

f:id:yukkimouse:20181027120213j:plain

下の写真の中央に見える、緑に覆われた建物の近くに目指すホテルがあるはず。

緑化ビルを目指して歩きます。

f:id:yukkimouse:20181027120222j:plain

歩いている人を見ると若者が多い。

と、思ったらシドニー工科大学がありました。

ここの卒業生には、グレイテスト・ショーマンで主演をしていたヒュー・ジャックマンがいます。

f:id:yukkimouse:20181027120233j:plain

ありました。フォーポイントバイシェラトン・シドニーです。

f:id:yukkimouse:20181027120519j:plain f:id:yukkimouse:20181027120530j:plain

 

フロントで手続き。

f:id:yukkimouse:20181027120639j:plain

ホテル到着は11:00前。

案の定アーリーチェックイン(アーリーすぎる)はできませんでしたが、着替えてカバンを預けることができたのでだいぶ身軽になることができました。

ついでにチェックイン手続きを済ますことができました。

今回はマリオットリワードポイントを利用しての宿泊です。

まずはデポジットとして後から返ってくる100ドルを支払っておくことになります。

SPGアメックスでデポジット分の手続きをして、チェックインは終わり。

ホテルスタッフに「15:00以降はいつでも入れるよ」と言われて、その場を後にしました。

この時点での時間は11:00

荷物を預けたら、歩いてセントラル駅へ戻ります。身軽になって足取りも軽くなりました。

フェリーに乗ってオペラハウスとハーバーブリッジを見る!

 向かう先はサーキュラー・キー駅です。

何をするかというと、ここでフェリーに乗って海風を受けながらオペラハウスとハーバーブリッジに初めて肉眼で見に行きます。

セントラル駅の17番乗り場から乗りました。

どこから乗ればよいかはGoogleマップが教えてくれます。

f:id:yukkimouse:20181027124502j:plain

電車の中はこんなです。

f:id:yukkimouse:20181027124533j:plain

サーキュラー・キー駅のホームから。

f:id:yukkimouse:20181027124609j:plain

 

フェリーもオパールカードで乗ることができるので便利です。

フェリー乗り場は1から5まであって、どこになったらいいか、はじめはわからないと思います。わからなければスタッフさんに聞くと教えてくれます。

フェリー時刻表の掲示板です。

f:id:yukkimouse:20181027124653j:plain f:id:yukkimouse:20181027124714j:plain

フェリーは30分に1本出ています。

英語ができなくても行きたいところを言えば何番乗り場って言うことを教えてくれます。

このときはわからなくてスタッフさんに聞きましたが、「Barangaroo」というフェリーの駅を目指して行きます。

私の場合は、フェリーに乗ってオペラハウスとハーバーブリッジを見ながら、行き着く目的地はダーリングハーバーにある水族館と動物園です。

なので「I want to go to ダーリングハーバー。」って言えば「4番だよ」って教えてくれました。

私が乗るフェリーは、およそ20分後でした。

ここらでコーヒーでも飲んでゆっくりしようと思いカフェでコーヒーをいただきました。

 

f:id:yukkimouse:20181027125105j:plain

 

多分席に座ったら注文を取りに行ってくれるような感じだったのですが、よくわからずにカウンターに行くと、お姉さんが「観光客よ。わかったわかった。」っていう感じで注文を取ってくれました。

 

さて、コーヒーも飲み終わって、出港の時間が迫ってきたので、

オパールカードをタッチして改札からフェリー乗り場へ入ります。

フェリーでは、ぜひ2Fへ上がってください。

屋根がなく風を受け入れられる席です。

特に1番後ろの席に座ると良い構図でオペラハウスハーバーブリッジを写真に収めることができるでしょう。

くれぐれも撮影機器をシドニーの海に落とさないように気をつけてください。

f:id:yukkimouse:20181027125648j:plain f:id:yukkimouse:20181027125701j:plain f:id:yukkimouse:20181027125716j:plain f:id:yukkimouse:20181027125723j:plain f:id:yukkimouse:20181027125731j:plain f:id:yukkimouse:20181027125735j:plain f:id:yukkimouse:20181027125740j:plain

降りたらすぐにシーライフシドニー水族館と、ワイルドライフシドニー動物園があります。

水族館に先に行きました。

 

シーライフシドニー水族館へ

f:id:yukkimouse:20181027130316j:plain f:id:yukkimouse:20181027130256j:plain

 

チケットは事前にオフィシャルホームページからゲットしていました。

動物園、水族館、シドニータワー、マダム・タッソーの4つのうち3つの施設に入れるチケット買っておきました。

4つの施設に入れるチケットもあるのですが、マダムタッソーの蝋人形館はまぁいいかなと言うことで私は3つの施設チケットをチョイスしました。

その代わりと言ってはなんですが、コアラと一緒に写真を撮るチケットをプラスで購入しておきました。

iPhoneのウォレットに入れておいて、ウォレットのバーコードを見せるだけで入館できるのでめちゃめちゃ便利です。

コアラと写真を撮る時も、ウォレットのバーコードを受付で見せるだけですぐに撮ることができました。

 

 オーストラリア独特な海の生き物リアルに見ることができます。

 海の生き物に感激した後は、動物園へGO。

いよいよオーストラリアでコアラとご対面です。

 

ワイルドライフシドニー動物園へ

f:id:yukkimouse:20181027125940j:plain

動物園もオーストラリア独特な動物たちがいて、大人でも十分楽しむことができました。

動物園のお土産コーナーで、子供たちと約束をしていたコアラとカンガルーのTシャツを買いました。

オーストラリアの子供服のサイズ表記は簡単で、

2は2歳、4は4歳、6は6歳、8は8歳、10は10歳、12は12歳という意味です。

うちには4歳半の男の子がいますが、6サイズを購入してぴったりでした。

多分来年も着れます。

その後4サイズのパーカーも買いましたが、これはこれでやや大きめサイズで5才でも着れそうです。

買うものレジに持っていくと、なぜか結構丈夫でしっかりとしたキャップをくれました。

日本だと普通に3,000円くらいしそうなキャップです。

ただ、思いっきりローマ字でシドニーと書いてあるので、シドニーで被る場合は、大阪で大阪と書いてあるキャップをかぶるのと同じことなので注意が必要です。

水族館を見て、動物園を見て、コアラと一緒に写真を撮った後は、ホテルにいちどチェックインしに行きます。

体力があればそのまま観光してもいいと思います。

ホテルでチェックインがてら小休止

私は一度チェックインしてシャワーを浴びて、休憩がてらスマホを充電したかったので電車でホテルに戻りました。

ホテルに着いたのが15:30くらいでした。

シャワーを浴びて、一息ついてから、再び街に繰り出します。

 

QVBでウィンドウショッピング

セントラル駅からタウンホール駅まで電車で行き、

クイーンビクトリアビルディング(QVB)という、今はショッピングモールとして使われている歴史的建造物に入りました。

このビルを中心に、周りをブランド街が囲っています。日本で言うと銀座みたいなところなのでしょう。

ブランドブティックで、どんなものが置いてあるのかなぁなんて考えながらウィンドウショッピングをしつつ、QVBとQVB周辺を徘徊しました。

 

f:id:yukkimouse:20181027132358j:plain f:id:yukkimouse:20181027132402j:plain f:id:yukkimouse:20181027132408j:plain f:id:yukkimouse:20181027132414j:plain

そろそろ夕方です。

 

夜のオペラハウスを見に行こう

日が沈むくらいに、夜のオペラハウスを見に行きました。

f:id:yukkimouse:20181027132843j:plain f:id:yukkimouse:20181027132848j:plain f:id:yukkimouse:20181027132855j:plain f:id:yukkimouse:20181027132904j:plain f:id:yukkimouse:20181027132912j:plain f:id:yukkimouse:20181027132916j:plain

アイムアンガスステーキでオージービーフステーキを食す

夜ご飯はアイムアンガスステーキと言う、オージービーフのステーキが食べられる店があるとのことで、行くことにしました。

f:id:yukkimouse:20181027133125j:plain f:id:yukkimouse:20181027133130j:plain f:id:yukkimouse:20181027133138j:plain f:id:yukkimouse:20181027133143j:plain

注文したのはサーロインステーキの220グラム。

勝手なイメージでオージービーフは固いという先入観がありましたが、全然そんなことなく、お肉は柔らかく、おいしくいただくことができました。

途中、スタッフのお姉さんが「スパークリングウォーターにする?」って聞いてきたので「するする」って答えたら、お勘定の会計レシートを見るとしっかり10ドルプラスされていました。

とても良い勉強になりました。

ご飯を食べた後は、ダーリングハーバーをウォーキングして、Google マップを見たらホテルまで歩いて15分ぐらいだったので、そのままシドニーの街をウォーキングして帰ることにしました。

ダーリングハーバーからホテルまでは、チャイナタウンを取るのですが右も左も中国系料理店がたくさんあって、店員さんもお客さんもアジア系の人ばかりで、本当にオーストラリアかって思うくらいの街でした。

そうこうするうちに、ホテルに着きました。

ホテルに帰る前に、食後のコーヒーを学生に混じってスタバで。

f:id:yukkimouse:20181027133400j:plain

そしてホテルへ。

翌日の計画を最終チェックをするために、YouTubeでシドニーを検索してちょこちょこ見ていると、三浦知良さんがシドニーFCに所属していたときのドキュメンタリーがあって、思わず見ちゃいました。

その中に出てきた、シドニーフィッシュマーケットへ朝一で行くことを決意。

で、翌日のスケジュールを微修正してその日は就寝です。

 

ざっくりと翌日スケジュール。

 

フィッシュマーケット

シドニータワー

シドニー博物館

チェックアウト

ハーバーブリッジウォーク

空港ラウンジへ

フライト

翌日の夜は羽田に向けてフライトなので、日中はシドニー観光したいと思います。

ABOUT ME
佐藤 由典
奥さん、娘と息子の4人家族。時間と場所を自由に仕事をする!という目標を持って起業。 2013年からBUYMAバイヤーやってます。