BUYMA

【2021年5月案内】「BUYMA利用規約改定のお知らせ」を解説します。

いきなり重要ってBUYMAから来たので、何かやらかしたのかと焦りましたが違いました。

規約の改定です。たまにありますよね。

今回の規約変更は大きく3つ。

それぞれ解説しますね。

改定の概要

  • BUYMAでの決済に関する規定の修正
  • 出品会員の禁止行為に関する規定の変更と追加
  • 返品・キャンセル等に関する規定の追加

BUYMAでの決済に関する規定の修正

「なお、決済が実行されるのは、商品が購入会員に配送された後です。」という文言が覗かれましたが、この項目は特にスルーでよいでしょう。

出品会員の禁止行為に関する規定の変更と追加

今回の規約改定の1つ目ポイントはここでしょう。

ショップから直送がオッケーになった。

というのをしっかり規約に書いたという点です。

これまでもショップが直接出品していたり、海外セレクトショップが参入してきたけど、というかバイマが積極的に支援してる。

個人が直営店から直送するのと、ショップが直送するのと、線引きが曖昧だったところを、おそらくは個人のショッパーからの指摘があり、規約を変えて、ショップにより親和性を高めてきたのかな。

  • 在庫販売が厳しくなる
  • 個人での販売が難しくなる
  • 在庫販売に切り替えなければ
  • 資金ねえよ
  • アカウントBANされる

そこは思考するところですからね。

そんな中、どうやって戦っていくのかこれは常に考えとかなきゃならないポイントです。

 

もうひとつ。

注文した人と違う人に勝手に送ってはいけないよ。

プレゼントとかで注文時に指定されていたらOKです。

しかし、別の人に送って購入者がモノをみていないのに「到着通知しますね。」みたいのはトラブルのもとなので辞めてくださいね。

ということです。

返品・キャンセル等に関する規定の追加

ひとことで言うと、

関税かかった商品が返品になった時は、出品者負担だよ。

です。

ただし、事前に話がついてたら、購入者負担でも良いよ。

です。

戦略を見つめ直す良い機会

今の自分がとっている戦略を洗い出してみて、当たっている戦略と当たっていない戦略。

それぞれの戦略で、さらに分解。

  • 有在庫か無在庫か
  • 海外か国内か
  • 直営店かセレクトショップか
  • 画像の質かコメントの質か、はたまた両方か

 

  • どの戦略を強めていくのか
  • はたまた新しい攻め方を生み出すのか
  • これから厳しくなるであろうジャンルやブランドに対してどうするのか

まずは考えよう

ステップ2としてはまずは思考巡らす。徹底的に考えるというところです。

紙にでも書くか、マイドンマップを使うなどして、徹底的に考えましょう。

次にアクションしよう

考えた後に、着手するのかしないのかをジャッジ。

着手するなら、

  • いつからやるのか
  • 現在の計画からはみ出るのか
  • 時間はいけるのか

この辺を見ながら総合的にジャッジしてくださいね。

ABOUT ME
佐藤 由典
合同会社マエストロ 社長 自由を求めて独立→1社潰す→真面目にビジネス取り組む→浮上して独立/奥さんにビジネス教えたら、勝手に会社員数か月分の利益を毎月出し続けてる ■実績:BUYMA利益150万円/月・楽天売上167万円/時・EC売上1,000万円/月・言えない案件利益300万円/月 現在は奥さんにネットビジネスをほぼまかせ、企業のITサポートをこなしながら、新たな事業にチャレンジ中。 平日15時以降は子どもたちと過ごす時間にしてます。
BUYMAスタートガイドブック期間限定無料配布中!

BUYMAスタートガイドブック

BUYMAでファッションバイヤー業を可能にするガイドブックです。

実際にこのガイドブックのみで稼ぎ始めることができるように作っています。

BUYMAでのビジネスってどんな感じなのか覗いてみたいって人もどうぞ。

このガイドブックだけで実際に稼ぎ始めた人もいますよ。

BUYMAスタートガイドブックの目次です。

PDF83ページに凝縮してまとめました。


すぐにご登録のメールアドレス宛にBUYMAスタートガイドブックがダウンロードいただけるURLを送ります。

メールが来ない場合は、まず迷惑メールフォルダをご確認ください。

オススメはGmailです。